NEWSニュース

2017.1211 【リアルLab】動画編集やってみた editor:やっさん

初めまして、やっさんです☆
これからリアルLabを担当させていただきます、よろしくお願いします!
リアルLabでは今私が気になること、知りたいことを体当たりで調査します。
エムエスグループのリアルな情報をゆるく楽しく伝えていきますのでお楽しみに☆

動画編集やってみた
今日は動画編集について調査してきました!!

うちはなんと、社内に撮影スタジオと録音・編集室があり、撮影・編集・録音など自社でできてしまいます!!
時にはお客様と一緒に撮影立ち合いをすることも。
でも…正直編集をしているところって見る機会はほとんどないんです(^-^;

そこで編集室では日々どんなお仕事をしているのか、ちょこっと探ってついでに体験させてもらいました☆
私やっさんの奮闘記も併せてご覧ください。
ではスタート!

編集室ってどんなとこ?

まず編集室ってどこにあるのでしょう?

じつは本社の隣、k&iスタジオ内にあります。
できてまだ3年なのでとてもきれいな建物です、うらやましぃ~。
ではさっそく3Fの編集室に行ってみましょう!

(気合は十分です!!)

さてココが編集室です。(扉だけの写真なのでわかりにくいですね。)
実際は防音のしっかりした扉です!!
さてさて、この重い扉を開けてみましょう。

「失礼しま~す」

あっ誰かいました!

「こんにちわ~」

ゆる~い感じで迎えてくれたのは動画編集担当のM山さん。

「今日はよろしくお願いします!」

動画編集って何するの?
まず動画編集に使うソフトを見せてもらいました。

「編集にはこんなのを使ってるよ」

う~ん…パッと見ただけじゃよく分からない。
「M山さん。動画編集って何するんですか?」

M山さん:
「う~ん、哲学的だなぁ…。例えば実際に調理したら1時間かかるものを、30秒程度にして見る人が分かりやすいように凝縮しています。簡単に言うといらない部分をそぎ落としていく作業かな。」

「なるほど。ぜひ私もやってみたいです!」
ということで実際に編集ソフトをさわらせてもらいました!(^^)!

動画編集やってみた

そもそも動画編集する際のポイントってなんだろう??

「M山さん、教えてくださ~い!」

動画編集のポイント
・限られた時間の中で見る人が分かりやすいかを第一に。
・一つの動画にはレイヤーがたくさんあるので、わかりやすいように色を変える。

ふむふむ。
早く編集してみたくなりました!

さっそく編集作業の基本、「いらない部分をカットするやり方」について教えてもらいました!

ざっと説明してもらったところで、いざスタート!

わくわく♪

わくわく。

わ…

「…。なんじゃこりゃ~∼∼!」

わ、わから~ん!

カットしたくても映像がどんどん流れていっちゃうし!
まずそもそもどこをカットしたらいいの??

「M山さ~ん!
これって何を基準にカットしてるんですか?!」

M山さん:
「普段から理屈っぽく考えるようにしてます。
例えば調理シーンの場合だと、全体の流れを理解するために絶対必要な部分以外はバッサリ削除しちゃうとか。

他にダイナミックなシーンがあっても、意味的になくても困らなければ無理に使おうとは考えない。
なんせ時間が限られているから、とにかく分かりやすさを重視してるよ。」

「なるほど!…でもむずかし~」

(その後30分程度粘りましたが…)

残念ながら、私はとても1作品完成させるところまではいきませんでした( ;∀;)

コチラが実際にM山さんが編集された動画です!

編集作業を体験した後に見ると、この短い動画の中にたくさんの苦労と工夫があるんだな~と実感しました。

動画編集をしていて何を思う
Q:動画編集をしていてどんなことが楽しいですか?
A:「自分が撮影も担当する時は、頭の中で編集しながら撮影しています。
そのイメージが実際の編集作業の中でダイレクトにはまったときは面白いです!
他にも自分が撮影したものを他の人が編集するときに、ココ使ってほしいと思っていたところが実際に使われていると嬉しいですね。」

Q:動画編集をしていてどんなことが大変ですか?
A:「時間的にタイトな案件で事前の打ち合わせが充分でなかったり、疑問を残したまま撮影進んでしまうときがあるんですが、そんな時はやっぱり最後にまとめるのが大変ですね。
でもお客様が最後に見る状態は編集された状態ですし、評価も編集次第だと思うので、どんな場合でもしっかり応えていきたいと思っています。」

M山さん、ありがとうございました!
編集作業はこの部屋で、基本的には一人で作業されているそうです。
私はさみしくないのかな?と思ったんですが、けっこう楽しそうに仕事されていました!

分厚い扉の向こうにあった編集室の中では、ゆる~い編集担当者さんが熱い思いをもって仕事をしていました。
普段何気なく見ていた動画ですが、編集段階でたくさんの試行錯誤があってお客様に届けられているんだな~と感じました。

M山さん、これからも分かりやすい動画をよろしくお願いします!!

研究報告

・編集は理屈で考え、わかりやすさを第一に
・見切り発車の撮影はやめましょう
・編集室は孤独と自由の裏返し(人による)


担当者:やっさん
新設イノベーションLabに所属し、現在は情報収集などのマーケティング活動を中心に行っています。
京都出身京都在住、でもなぜか標準語が混ざります。一番のリラックスタイムは、愛犬の匂いを嗅いでいるとき。
エムエスグループのトレンド情報をいち早くお届けします!

load